記事一覧

事実曲解に基づいた仮処分決定


人気ブログランキングへ

 高浜原発の再稼働差し止めを関西電力に対して命じる仮処分決定が福井地裁から出されました。樋口英明裁判長は「原子力規制委員会が策定した新規制基準は緩やかにすぎて合理性を欠き、適合しても安全性は確保されていない」としました。しかしながら、今回の仮処分決定については、あまりにも重大な事実曲解があることがわかってきました。決定文には論拠として識者の入倉孝次郎・京都大名誉教授の発言が引用されているようですが、当の入倉名誉教授自身が「全くの事実誤認」だと断言するほどのものです。

 まずは原発の基準地震動(この揺れの強さに耐えられるだけの原発にしなければならないとする揺れの大きさ)に関してです。決定文において「地震の平均像を基礎として基準地震動を策定することに合理性は見いだしがたい」としているようです。要するに、過去において福井で起こった大地震の平均的な大きさを基準地震動として決められており、平均よりも大きな地震が来た時には耐えられない可能性があるから、この決め方は粗雑であり不合理だとの判断を示したということになります。これに対して、入倉名誉教授は「基準地震動は地震の平均像を基礎にして決めていない」と発言しています。つまり、そんな粗雑な決め方はしていないと否定しているわけです。

 東日本大震災では福島第一原発の揺れが基準地震動を上回ったのは確かですが、そのために原発に重大な損傷が生じたかどうかは別問題です。福島第一原発の場合には津波が襲来しており、地震動による破壊と津波による破壊は区別して考えなくてはならないものです。地震動には耐えられたが津波には耐えられなかったのであれば、津波対策を十分に行えば問題ないはずです。

 この件についても入倉名誉教授は、原子力規制委員会の事故調査の分析においては地震動と原発破壊との因果関係を否定していると指摘されました。つまり、基準地震動を上回った揺れは確かにあったが、原発自体はそれによって破壊されたものではないと言っているわけです。この見地からすれば、「基準地震動を超える地震が到来すれば炉心損傷に至る危険が認められる」とする樋口英明裁判長の見解には相当の問題があることがわかるでしょう。

 要するに、樋口英明裁判長からすれば、基準地震動の決め方に問題がある上に、基準地震動を超えれば甚大な被害が発生する可能性が高いとし、その論拠として入倉名誉教授の見解がそうだからと持ち出したわけですが、当の入倉名誉教授自身が、そんな雑な基準地震動の決め方などやっていないことを指摘した上に、基準地震動を上回ったからといってすぐに危険というわけでもないということを主張されているわけです。入倉名誉教授は「基準地震動の実績から言えば安全面は保証されているし、理論面でも地震動の評価に関してはむしろ精度が向上している」とまで言っています。

 このことは、樋口英明裁判長が事実を丹念に拾い上げて、それに基づいて仮処分を決定したわけではなく、最初から「原発=悪」という先入観を持ち、それによって識者の表明している見解について180度異なった解釈を行い、それに基づいて仮処分を決定したものであるということがわかります。このようなことが許されていいわけはありません。入倉名誉教授は「決定文にある発言は、新聞記事を元に原告が曲解して書いているものが引用されている」とまで言っています。歪んだ新聞報道をもとに、原告がさらにそれをねじ曲げて解釈したものをベースに、仮処分決定を下したということになると、これは事実をもとに公正な判断を下すという裁判所の信頼性を根底から傷つけるものだともいえるでしょう。

 この事実は広く知られる必要があると思います。


人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメント

1. 福島第一原発

地震で配管などが壊れたという現場作業員の証言があります。また、格納容器の温度データから地震直後に圧力容器関連の配管の一部が壊れたという分析もあります。
政府、東電は認めていませんが。

2. Re:福島第一原発

>大門良一さん
津波の被害を奇跡的に免れた一台のディーゼル発電機が残った5号機、6号機においては、津波襲来後にも問題が生じていないこと、同様の揺れを観測しながら津波の被害を免れた女川原発においても問題が生じていないことからすれば、津波の被害により発電機が稼働しなくなったことが決定要因だと考えるのには、合理性が高いんじゃないかなと推測しています。当たり前ですが、5号機、6号機にも津波は押し寄せており、津波の濁流に呑まれながらも発電機さえ無事であれば対処できるものだということも、今回わかったことではないかと思います。
また、現在の原子力規制委員会は委員長の田中氏からして原発稼働慎重派ですから、原子力規制委員会の事故調の結果として、地震動との直接的な関連を否定しているのは、信頼してもよいのではないかなと思います。
さらに、関電の所有する原発はすべて加圧水型ですから、構造面では福島原発の沸騰水型よりも安全性能は格段に高いはずです。

3. Re:Re:福島第一原発

>朝香豊さん
原発は爆発しなければOKなのでしょうか。配管が損傷すれば必ず放射能漏れになります。あの爆発があまりにもすごかったせいか、あれ以後放射能の危険に鈍感になっています。爆発の前は少しの放射能漏れでもお大騒ぎしていました。
発電機が動いていれば問題無いというのはあまりにも乱暴ですね。原発は一基一基状態も運転状況も違うのですから、配管の損傷からどこまで事故が進むか、それぞれです。タイヤに釘が刺さって、パンクするかバーストするか、刺さったまま大して空気がもれないか、いつも違います。
まあ事故直後、その後の政府、東電の対応を見ていると、信用してもいいと思えることが何一つないんです。

4. Re:Re:Re:福島第一原発

>大門良一さん
通常期の安全基準が非常に高いところに設定されていることを無視して、通常期の安全基準を満たしていない=危険という発想は、危機管理に際して適切とは言えないと思うのです。
年間100ミリシーベルトの被曝では危険が生じるとはいえないレベルであり、それ以上になると確かに一生涯でガンにかかる確率が数パーセントほど上がることがわかっているというのが、現在の科学の知見です。(悲しいことですが、広島・長崎の被爆者のその後の健康調査のデータから実証的なデータが蓄積されました。)従って年間100ミリシーベルトでも大丈夫だろうと推察されるわけですが、念には念を入れて、安全性をより高めるために1/100にまで年間の被爆線量を抑えるといえば、誰からも文句は言われまいということで設定されているのが、年間1ミリシーベルトです。
通常状態においては原発から漏れ出る放射線量では、年間1ミリシーベルトという基準は楽々守ることもできるので、それを採用していても不都合は生じません。しかし、何か問題が発生した緊急時においても年間1ミリシーベルトを超えることを一切許さないというのは、硬直的で現実的ではないとはいえないでしょうか。
このあたりの正しい情報を政府もマスコミもきちんと国民に広報する責任から逃げてきました。それによって国民の間で無用な疑念が生まれていることは、悲しい現実だと思います。
地震発生後に稼働中の原発は自動停止し、送電線の破損などによって非常用電源に切り替わったけれども、水漏れとか機器の損傷の報告はなかったとの話が、吉田調書には書いてあります。主蒸気配管などに破断が生じているということも否定されています。吉田所長も東電の人間の言うことだから信用できないと言われたらおしまいですが、状況証拠も含めながら合理的推論を行うことは意味のあることだと思います。

5. 呪われた判決

  呪われた判決

裁判官.樋口英明は、高浜原発に対して、 「合理性がない」・「人格権が侵害される危険性がある」 などとして3,4号機の仮処分決定を下した。
裁判官.樋口英明は、法と人権を重んじる立派な裁判官でありましょうか?
そうではないはずです。
裁判官.樋口英明は、別訴で、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 との判決を被害者に言い渡したのです。(※1)
言うまでもなく、万が一にも虚偽事由などが許されることなどありません。(再審事由)

今回、原子力規制委員会の田中俊一委員長からは、当仮処分内容には 「事実誤認がいっぱいある」 と指摘されているようですが、裁判官の「虚偽は正当」 との基準からすれば、その様な指摘が出てくることは当然のことでもありましょう。
裁判官.樋口英明は、嘘の主張で対立させて争わせて、何を判断するというのでしょうか。
法廷で嘘をつかないように「宣誓」 までさせておきながら、何故、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と言えるのでしょうか。
裁判官.樋口英明は、法と国民を愚ろうし社会秩序を乱す国賊ではないのでしょうか。

 (※1) 福井弁護士会所属の弁護士(2名)は、「虚偽を依頼者に教唆し事由としたことを滑らせて自白した」、 しかし、その後、 「虚偽.侮辱することは正当な弁護士業務だ」 と主張し続けて罪を重ねた。(弁護士3名、他多数) 
  裁判官は、自白を裁判の基礎とせずに(基本原則違反)、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と判決したのである。
  結果、福井弁護士会の弁護士3名(多数)は、今もこの主張を撤回しょうとせず、被害者に恐怖の日々を与えている。

裁判官.樋口英明は、被害者の苦しみを知りながら、恣(し)意的に侮辱する行為(人権侵害:国際法違反)を良しとし、訴訟詐欺を認めているのである。

6. Re:Re:Re:Re:福島第一原発

>朝香豊さん
低線量被曝の危険については科学的にも確定されてはいません。いろいろ説があるなら人への安全を考えてしきい値がないとしたのではないですか。現在はすでに緊急時ではありません。
確率的影響はICRPによれば、年間1mSvで100万人あたり50人が癌などの致死リスクがあるということで、100mSvなら5000人になります。ということは致死に至らない致病リスクならもっと大きい数字になるということです。もちろんこれは科学的に確定されたものではありません。あくまで分からないなら安全側にというスタンスで、私も安全側に乗りたいです。
ところで吉田所長はなぜ近隣自治体にすぐ事故通知しなかったのでしょうか。海水注入は本社、政府に逆らってまでやったのに、なぜですか。一番にやることは近隣自治体への事故通知だと思います。そうしなかった吉田所長を私は全面的には信用できません。
裁判とは違いますが、未解決の問題が多すぎる原発を無理して運転する必要があるのでしょうか。日本近海には輸出できるほどたくさん天然ガスがあるんですよ。私には理解できません。

7. Re:Re:Re:Re:Re:福島第一原発

>大門良一さん
ICRPのリニア仮説を持ち出すなら、同様の推定によって大気汚染による死者が年間5万人いる話も出して考えるべきではないですか。この死者は当然ながら、四日市喘息みたいな話ではなく、汚染量が低減しても死者数は比例的にしか減らないとの仮説に基づいて計測されているものですよね。原発稼働によって1mSVの被爆によっても死者が増えるとするなら、原発停止によって大気汚染が進む結果によって死者が増えるという仮説も考えなければなりませんよね。
原発を停止したことによって、年間4兆円ほどのお金が日本から海外に移転しました。このコストの大きさもまじめに考えるべきではないでしょうか。
世の中の流れの中で、私が不合理に思うのは、原発というだけで不公正な扱いを行うのは当然だという流れです。それはおかしいので糾すべきではないですかということです。飛行機の搭乗時間が来ましたので、このあたりのさせていただきます。

8. Re:Re:Re:Re:Re:福島第一原発

>大門良一さん
さらに「安全」面ばかりに目を向け、できる限りそのリスクを小さくすることが常に正しいとするならば、私たちは食べ物さえ食べることはできなくなります。タマネギは食品添加物と同じ扱いで毒性を測定すれば、体重60キロの人の一日の窃取許容量は30ミリグラムにしかなりません。(30グラムではないですよ。)ですが、従来から食べてきた食品ゆえに、毒性があるとはみなさいことによって、一日許容量の何千倍取得しようが、「問題ない」とみなしているにすぎません。タマネギだって一度に大量に窃取すれば、タマネギ中毒を起こすことがあります。人によっては数十グラムの摂取でも起きる場合があります。これは一度に大量の被爆を受けた場合と同様と考えられますが、そうしたことがタマネギに生じるからといって、タマネギを全面的に使用停止するのが正しい判断でしょうか。
私たちの生活には安価で安定した電源は必要なのであって、原発をやめることによってこのメリットが損なわれることも、私たちは考えるべきです。
それぞれにメリットもデメリット(あるいはリスク)もあり、デメリットやリスクの中には適切なコントロールによって避けることができるものもあります。私たちはこの環境下で、できるかぎりメリットを多く、デメリットを小さく考えるべきです。エネルギー安全保障の見地に立てば、エネルギー構成の多様化が求められるわけですから、その構成要素の中から初めから原発を除外するのが正しいとは思えないです。
私たちに求められるのは冷静な議論であって、当初から結論が決まっていることが正しいことだとは思えません。

9. Re:Re:Re:Re:Re:福島第一原発

>大門良一さん
また、通常の生活をしていて、年間1ミリシーベルトを超える超える地域は、福島県内でもほぼゼロと言ってよいレベルになっています。私が非常時には基準を緩めて考えるべきだと言ったのは、原発事故が起こった当初のことです。低線量被爆の被害を課題に見積もったために、動かさなくていい入院患者まで動かさなければならなくなり、失わなくてもいいはずの命が奪われたことも忘れるべきではないと思います。政府判断にもマスコミ報道にも冷静さがなく、放射線に関して落ち着いて考えるための情報提供が行われませんでした。そのために社会的なパニックを引き起こしたわけですが、放射線被害に関してできるかぎり安全であることを優先した結果として、それとは別の面で危険を大いに高め、全体としての厚生性は大きく損なわれたのではないでしょうか。私はこういう馬鹿げたことは繰り返すべきではないという立場です。
また念のために言っておきますが、私が求めているのは魔女裁判のごとくに原発を頭からダメと決めつけるのをやめるべきだということであって、原発の発電シェアが大きければ大きいほどよいなどということではありません。情報の歪みを訂正しないまま議論が進むのは適切ではないということです。
さらに、吉田証言については、彼がインタビューを受けて答えた内容と事故の進展の過程との間で矛盾があるかどうかで考えるべきとの立場で、不都合や矛盾が見られないならば、その可能性が高いと認識するのが合理的な判断なのではないかということです。

10. Re:Re:Re:Re:Re:Re:福島第一原発

>朝香豊さん

「ICRPのリニア仮説を持ち出す」という意味がわかりません。日本の原子力規制はICRPの勧告に基づいて、原子力安全委員会が決めてきたものです。持ち出すも何も基礎の基礎だと思いますが。私はICRPが絶対だとも思っていませんし、特別に持ち出したというつもりもありません。
ICRPが正しいかどうかではなく、それに基づいて各種合意を形成してきたのでは、ということです。もちろん放射能の他にも様々な危険があり、それにに対する評価もたくさんあります。そういう危険、私達が認めた様々な危険も考慮して規制が決められてきたのだ思います。
なぜ議論がかみ合わないのでしょうか。私が原発に反対で、朝香さんが賛成だからですか。私はそうじゃないと思います。議論の基礎となる情報が公開されていないからだと思います。原子力は「公開」が原則で始められたのに情報が少なすぎて議論にならない、どうして。
吉田証言は他の現場作業員等の証言も合わせて整合性を考えるべきではありませんか。
原発のハード面、技術面については、私達は、失礼私はどうしても専門家の代弁者にしかなりえません。もちろんそれも重要だと思いますが、原発再開にあたって
東電はなぜすぐに近隣自治体に通報しなかったのか
気象庁はスピーディーのデータをなぜすぐに公開しなかったのか
この2点の検証が絶対必要だと思います。これなら裁判員裁判と同様に私達は生の議論ができます。政府が早急に調査し、公開、検証する。この検証をしない原発再開では、今後もありうる事故の時、私達は最低レベルの危機回避すらできないことになります。

11. Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:福島第一原発

>大門良一さん
おっしゃりたいことはよく理解できます。法的な形式においても、ICRPのリニア仮説が前提となって組み立てられているのも事実です。ただ、原発を稼働させるとそれに応じて死亡率が高まるかのように議論するのであれば、原子力の代わりに火力に頼ればそれだけ火力発電の容量が増えるわけで、それに基づく大気汚染の死亡者数も増えると考えるべきですよね、という話です。その比較考量をするならばともかくとして、火力発電によって増える推定死亡者数の増加に触れないで原発を再稼働させれば死亡者数が増えるかのように伝えるのは、フェアではないのではないかということです。
また、毒性がリニア的に増減すると考え、可能な限り低減化を図ろうとする考え方は、私たちの暮らしを向上させるのに有益に機能しているのも事実です。ただ、一方において、その中で厳格に決められた基準値を仮に数十倍超えるものが出てきたところで、私たちの生命や安全がそのまま危険にさらされるわけでもないという現実も、押さえておくべきだと思うのです。
基準を超えたということで強制移住をさせれば、仕事ができなくなる、ペットや家畜と離れなければならなくなる、住み慣れた共同体から切り離されるなど、様々なデメリットがあります。そのデメリットが原因で亡くなってしまった方もかなりいらっしゃるわけです。日頃の安全性を極めて高いレベルに設定することによって、環境問題により生命や安全が脅かされることから私たちは最大限に守られていると思います。その上でリニア仮説などの持つ意味は大きいです。しかしそれを絶対視し、非常時においてもそのリスクだけを考えて他のメリット、デメリットを考えないと、却って私たちの厚生を引き下げてしまう結果になるのではないかと考えるわけです。

12. Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:福島第一原発

>大門良一さん
安全性については、本当に厳しい基準が設けられています。前にも書いたかと思いますが、タマネギにしろジャガイモにしろ、動物実験の結果からすれば、私たちの食用に用いるのは適さない食材だということになるようなものなのに、私たちはそれを無毒であることを前提に食しています。
私はだからタマネギやジャガイモを食材から外せと言っているわけではありません。そんな規制を行っていけば、私たちの食生活の彩りを減らすことになり、私たち自身の楽しみを減らすことになり、私たちとっては不幸だからです。
交通事故をなくすために車を廃止するというのは非現実的であるのと同じで、メリット、デメリットを公正に判断するということが基本にあるべきなのに、原発に関してはその冷静な議論が成立していません。火力発電所ができれば死亡者数が増えるとはいわれないのに、原発ではそれが過剰に言われる。放射線と聞くだけで危険と考えてしまい、量との関わりで正確に理解されるようなことがありません。
大門さんが公開の原則を大切にしたいと思っていることに異議があるわけではありません。私も同じような問題意識を共有しています。しかしながら、マスコミが今のような状態では、火に油を注ぐ結果となって社会的混乱を加速させる結果につながることを恐れます。冷静な議論と正しい知見を広げるためにこそ、マスコミは存在すべきであるのに、その役割を全く担ってくれていません。マスコミがこんなだから情報公開をしなくていいとは思いませんが、この部分を除外して情報公開が適切ではないという部分だけを批判するのは、私には適切な議論だとは思えないところがあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!