記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米ロ関係の急展開は我が国にとって朗報だ☆


人気ブログランキングへ

 米ロ関係が急激に動き出しました。アメリカのケリー国務長官は訪露し、ロシアのラブロフ外務大臣に続きプーチン大統領とも会談を行いました。今回の会談は経済制裁に苦しむロシア側から求めたものではなく、アメリカ側から強く求めたものだったということを、ロシア大統領補佐官のウシャコフ氏が述べています。合計8時間以上といいますから、いったいどういう風の吹き回しなのかと言いたくもなります。

 ケリー国務長官は、ミンスク和平合意を破っているのは東部の親ロ派だけでなくウクライナもそうであることを認め、ウクライナ政府に圧力をかけると約束したといいますから、なおびっくりです。ウクライナのポロシェンコ大統領が、現在親ロ派の管理下にあるウクライナ東部のドネツィク空港を取り戻すと発言したことについても、ケリー国務長官は、「軍事作戦を急ぐ前に、まずは考えるよう、ポロシェンコ大統領に提案」する旨を伝え、「(ウクライナによる軍事作戦が始まれば)ミンスク和平合意は「深刻な脅威」にさらされる」と述べたそうですから、アメリカの豹変ぶりにはただただ驚くばかりです。

 こうした結果を受け、ケリー国務長官との会談についてラブロフ外務大臣は「ロシアと米国は、両国関係に長期的な害を及ぼし得るような措置を避ける必要があるとの点で意見が一致」し、「ロ米両政府は、ソチでの交渉において、プロセスが活性化し、できる限りそれが加速化するよう、あらゆることをする事で合意した」ことを伝え、「素晴らしかった」「交渉は『奇跡的』になされた」と高く評価しました。

 ウクライナのポロシェンコ大統領はこの動きに反発を見せ、ミンスク合意を「偽りの平和」だとした上で、「血の最後の一滴が流されるまで戦う」と述べたようですが、実際上の力は持ちえないでしょう。ドイツのメルケル首相は「ミンスク合意はウクライナにおける平和プロセスの基礎であり、これに代わるものはない」と述べていますし、フランスのオランド大統領も「ミンスク合意はウクライナ危機から脱する最良の方法」と述べており、ポロシェンコ大統領を支持してくれる西側諸国はもはや皆無だからです。アメリカに裏切られて、ウクライナは完全にはしごを外されました。

 ケリー国務長官は「ミンスク和平合意が完全に履行されれば、アメリカとEUによる対ロシア制裁の解除が開始される」との見通しを示しました。これは対ロ制裁解除の地ならしで、近々解除されるという見通しだと見てよいだろうと思います。

 さて、アメリカはなぜここまで豹変したのでしょうか。アメリカにとっての真の敵が中国であることにようやく気がついたということではないかと思います。これは我が国にとって望ましい環境がようやく整ってきたということになります。

 日本の対露関係の改善にはアメリカがこれまでは横やりを入れてきましたが、今後は黙認する姿勢に転換するものと思われます。ここで北方領土問題を解決させて日露関係を強化し、ロシアを対中包囲網に参加させる方向に動くことができれば、我が国の安全保障はかなり強化されると考えられます。

 いい流れができてきたことを、素直に喜びたいと思います。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

面白い流れですよね
誰の本だったか忘れましたが、こんな事書いてあったんですよねー

2. Re:無題

>初護ちゃまさん
いつかはこの流れになるんじゃないかとは思いつつも、今回の急展開ぶりには驚きました!
アメリカは中国にすり寄っている韓国への圧力を今後強め、むしろ日本を擁護する側に回りそうで、すでにその様子も見られますね。ようやくいい方向に動いてきました。

3. Re:Re:無題

>朝香豊さんへ
いい流れでも気を抜かずに行かないとですね
日本人は丸っきり信用してしまう体質ですからね(笑)

4. Re:Re:Re:無題

>初護ちゃまさん
そうですね。主体性を失ったら当たり前ですがダメなんで。
中国も必死で巻き返して情報戦を仕掛けてくるのは間違いないわけで、これをどう跳ね返すかはやはり私たちの課題ですよね。
ただ、今年で明らかに潮目が変わったので、今後は面白い流れになりそうです。過去のウソがどんどんバレていき、人々の見る見方もさらに変わってくるんじゃないかと思います。
これに対して必死に対抗しようとして、却ってサヨク側が墓穴を掘るような展開が続くんじゃないでしょうか。それによりますます人々の意識の変化を後押しされていくというような感じが出てくるんじゃないかと思っています。

5. 日本の包囲網では

失礼ながら、逆に日本包囲網としてロシアに接近したのではないでしょうか?

そもそも中国はアメリカの敵ではないように思います。太子党にしても江派にしても、アメリカもしくは国際金融資本と釣るんでいる節もありますし。

さらには、原爆投下などによるジェノサイドの生き証人を残しておくことも、モノづくりをはじめとする供給力も邪魔な存在であることが想定されます。

6. Re:日本の包囲網では

>Suraさん
アメリカは安倍総理に上下両院合同会議での演説の機会を与え、その演説に度重なるスタンディングオベーションで歓迎を示しました。安倍総理の訪米日程は異例の8日間にも及び、もてなしの形態としても元首ではない一国の首相としては最高レベルのもの(国賓扱いと同等のもの)が用意されました。これは特別な親米として知られる中曽根、小泉両首相の時にもなかったものです。今、アメリカが日本との友好を強めようとしているかを象徴的に表すものだと、私は思います。
今後の展開を見守りましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。