記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取の養護学校での看護師全員辞職の問題を考える


人気ブログランキングへ

 鳥取の養護学校で6人の看護師全員が一斉に退職した事件は、非常に衝撃的なものがありました。この件については一部の保護者の極めて威圧的な態度に看護師がついていけなくなったためだと受け取られているように思いますが、その視点で見るのは表層的なものではないかと感じています。

 実は私の息子は重度の自閉症で、年齢では中学生ということになりますが、言葉を発して意思表示することが今なおできません。そのため、特別支援学校(養護学校)にずっと通っています。特別支援学校には実に様々な症例を持った子供たちが集まっており、暴力的な衝動を持っている子供たちも少なくありません。つまり、先生方の目が行き届いていない時に衝動的な暴力を振るってしまう子供もいるわけです。

 今回問題となった鳥取の養護学校ほどではないでしょうが、私の息子の通う特別支援学校においても恒常的な人手不足となっています。うちの息子も先生方の目が行き届かない時に、顔面に3針縫うような大怪我をして帰ってきたことがありました。恐らく特別支援学校に通う生徒たちであれば、こうした経験は皆あることではないかなと思います。

 こうした人手不足の原因は、単純に予算上の問題です。先生方にせよ看護師さんたちにせよ、十分な人数を確保することが予算制約でできなくなっており、しかも近年はその制約がさらに厳しくなってきています。そのため、例えば運動会における出し物についても、様々な出し物について練習させることができなくなっており、以前と比べると出し物の数がかなり減りました。ハンディを背負った子供たちに多様な訓練を施すことができなくなってきている実情が、この点にもよく表れているのではないかと思います。

 鳥取の場合には、本来8人の看護師が必要とされているところに6人しかおらず、そしてこの6人が全員非正規雇用であり、実質的には5名体制であったことが明らかになっています。なぜ全員を非常勤に頼り、人数も充足できていないのかといえば、そこには間違いなく厳しい予算制約が課せられていたからでしょう。8人分の仕事を5人で行わなければならないとすれば、無理が生じるのはやむをえないところですが、その結果としてケアに落ち度が発生することは必然的に高くならざるをえません。

 今回の経緯を見てみますと、保護者、看護師、教師を交えた話し合いは何度かなされながらも、このまま働き続けるのは無理だという結論に看護士全員が至ったのが実際だということがわかります。その根っこには、もともと人間らしく働ける職場としては無理が大きすぎたということがあるように思います。

 保護者の威圧的な態度に耐えられなくなったというのはもちろん直接の原因でしょうし、その保護者の態度に大いに問題があったであろうことは間違いないでしょう。同じメッセージを相手に伝えるにせよ、言い方によって心証は随分と違うわけで、そういうことが理解できない親がいたことに悲劇の直接的な原因があるのは言うまでもないことだとも思います。

 しかしながら、全ての人間にそのような高度なコミュニケーション能力を求めることもできないでしょうし、ケアの仕方によって我が子の生命に危機が生まれる可能性もあるという場合に置かれては、感情が先走るような言動になることにも、ある程度の理解は必要ではないかとも思います。

 そして何よりも、引き金を引いた原因が保護者の対応だとしても、根本原因は厳しい予算制約にこそあるという点を見失うべきではないでしょう。学校側の配慮がなかったことが理由の一端として取り上げられていますが、予算がない中でやりくりさせるしかない学校としては、できることには限りがあったことは認めなければならないでしょう。

 世界で外国に最もお金を貸している日本という国において、なぜ予算制約という馬鹿げたことを考えているのかという点について、突っ込んだ議論をしていくべきではないかと思います。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 結局、緊縮財政(財政出動の拒否)が国力を下げる

管理通貨制度を採っているのだから、原理的に円は無尽蔵に発行できます(すなわち財政という概念自体存在しない)。

にもかかわらず、肝心の供給者に金を渡さないわけです。結果、供給者の供給能力が棄損されるということです。

地方交付金は国の税収から捻出していますが、その縛りも本当は必要ないものです。供給能力を高めることによって国力を上げればよいのですから。

政府は、口を出さずに(供給者へ)金を出すのが、現在一番望ましい政策です。

2. いつも楽しみにしています

更新を心待ちにしている読者の一人です。いつもありがとうございます。

鳥取の養護学校看護師総辞職の件が取り上げられるとは思ってもみませんでした。いつもにも増して興味深く拝読しました。しかし、今回の結論に関しては「どうだろう?」と思わざるを得ません。

私は、問題の根っこは保護者にあると思っています。日本中、どこを探しても潤沢な予算で十分な人員を確保して教育を行っている学校など存在しませんから。「本来8人必要なところを6人で回す」など、珍しいケースではありません。それでも多くの学校がそれなりにやっていけているのは、保護者と学校の関係がある程度の節度を保てているからでしょう。

医療的ケアを学校で実施する取り組みも、保護者と学校が協力し、認め合う関係性の中から構築されてきたものです。経緯をきちんと理解している保護者は、「やってもらってありがたい」という態度ですから、学校側もそれに応えるべく頑張れます。ですが、無知な保護者は「やってもらって当たり前」という態度で傲慢な要求を繰り返すので、学校は自己防衛に走ります。

今回の騒動、個人的には辞職された看護師さんたちには、よくぞやってくれたという思いです。傲慢が過ぎればいずれ自分の首を絞めることになるというケースを世に知らしめてくれました。

3. Re:結局、緊縮財政(財政出動の拒否)が国力を下げる

>Suraさん
財政に関する知見についてはわかりにくい側面があり、なかなか正しくは理解されていかない現実は歯がゆく感じられるところですね。

4. Re:いつも楽しみにしています

>大吟醸さん
おっしゃりたいことは理解できますし、その視点も必要かと思います。ただ、個々人の意識の観点で対応できることと制度的に考えるべきことは峻別すべきだと思います。
例えば、保護者が威圧的な態度をとらなかったとしても、8人で回すべきところを実質5人で回すということの結果として、医療的ケアが必要な子供の命が奪われるという事態は実際には発生しうるわけです。そしてそのリスクはかなり高いと考えられます。そのリスクが予見できる状況下で現実のものとなったとしても、やむをえなかったと受け入れるべきだということになるのでしょうか。どだい生きていくのに適した体ではなかったのだから、やむをえないとの判断もあるかと思いますが、我が子として抱えている親にそれを受け入れろというのは、過酷な要求ではないかと、私は思います。実際、今回威圧的な態度をとった親の子供は血糖値のコントロールが自分の体ではできず、数十分の処置の遅れが命取りになりうる危険性が現実にあったわけです。
もちろん厳しい状況の中でやりくりしているのは養護学校の類いだけではありません。健常者が通う普通の学校においても、非常勤講師に担任を任さざるをえないとか、体育教師が人手不足を補うために数学の授業も行うといった事例が、地方の公立学校においてはかなり普通のことになってきています。私はそれでも教育を受けられているだけでも有り難いと思って受け入れるべきことだとは思っていないわけです。そんな歪んだ状態を生み出している予算制約こそがおかしいのであって、この点は抜本的に改善すべきだろうと思うわけです。
我が国にそれだけの供給能力が不足しているのであれば、理想ばかりを言ってもはじまらないということにもちろんなるでしょう。しかし現実には供給能力は十分ありながら、それを活用させない制約を加えているだけなのですから、そのような制約は取っ払われるべきではないかと考える次第です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。