記事一覧

日本でなぜか報道されない、IMF専務理事の発言内容


社会・経済(全般) ブログランキングへ

IMF のラガルド専務理事の発言ですが、国内のマスコミと国外のマスコミで取り上げるところが大きく違うところが面白いところでした。

日本のマスコミの報道で IMF のラガルド専務理事の発言を見てみますと、中国人民銀行総裁と中国財務相の欠席への非難を行ったことを中心に取り上げていますが、日本以外のマスコミではもうすこし別のところに重点を置いた報道を行っています。

代表的なものとして、Financial Times の記事を見ていきましょう。

Christine Lagarde has urged countries to put a brake on austerity measures amid signs that the International Monetary Fund is becoming increasingly concerned about the impact of government cutbacks on growth. (クリスティーヌ・ラガルドは、IMF は政府財政の切り詰めが成長に与える影響についてますます懸念を高めているとして、緊縮策にプレーキをかけるよう促した。)

Ms Lagarde, IMF managing director, cautioned against countries front-loading spending cuts and tax increases. “It’s sometimes better to have a bit more time,” she said at the annual meetings of the IMF and the World Bank on Thursday. (IMFの専務理事のラガルド女史は、率先して歳出削減と増税に走っている国々に警告を発した。「もうちょっと時間をかけた方がいい場合もある」と、IMF・世銀の年次総会で木曜日に述べた。)

要するに、安易に緊縮財政に走ると成長に悪影響が出てしまってかえって危機が深刻化するのでやめた方がいいと、IMFの専務理事(IMFのトップ)が述べたということです。

今取り上げた Financial Times のような内容は、Financial Times だけでなく、私が点検した英米のマスコミについてはほとんど共通するものでした。ですが、こうした内容について日本のマスコミで語られているのを、残念ながら私には発見できませんでした。

日本のマスコミが正しいと考えているものの見方とはかなり異なった見方であるから、IMFの専務理事の発言であっても、報道する価値はないと考えてしまうのでしょうか。マスコミは事実をできるかぎり正確に伝えるのが本来の仕事です。正しいか間違っているか、好ましいか好ましくないかについて、手前勝手な判断を行い、記事にするかしないかまで決めてしまうというのは、明らかに行きすぎだと感じます。

ラガルド専務理事の発言は、確かに欧州を念頭に置いたものではありますが、緊縮財政絶対主義に警鐘を鳴らすものであり、緊縮財政こそが正しいあり方だと当然のように思われている日本のような国においてこそ、むしろ報道価値の高いものではないのかと思います。

自分たちの判断を脇に置いて、まずは公正に事実を伝えようと努力することがマスコミの使命ではないかという見解に賛同して頂ける方は、クリックをお願いいたします。


社会・経済(全般) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 肌寒い日が続きますが。。。

こんにちは(*^・ェブログ拝見させていただきました☆また訪問させていただいてもよろしいですか?(*´∇`*)

2. Re:肌寒い日が続きますが。。。

>かねしょうさん
もちろん、歓迎です。
よろしくお願いいたします。

3. 驚きました

いつも貴重な情報ありがとうございます。

こんな発言があったとは、全く知りませんでした。
拙ブログでも紹介させて頂ければと思います。

4. Re:驚きました

>のびー@日本人さん
毎日のブログ更新と、メルマガの発行ありがとうございます。のびーさんのブログを見ると、参考記事も掲載されているので、情報整理に役立ちます。
ご紹介頂けるなら、喜んでお願いいたします。

5. 早く改心して欲しいです

いつもためになる記事を有難うございます。
今日も朝香様の意見に激しく同意いたします。
「マスメディアは勝手に“フィルタリング”するんじゃない。それはアンタ方の仕事じゃない。」と言いたいです。

ラガルド専務理事の発言はとても意外でした。IMFの人たちというのは「エブリデー緊縮財政。おはようからおやすみまで緊縮財政。」だと思っていました。
そのように盲信しているのは、<日本の政・官・財・学>の一部と日本のマスメディアだけになってきてるのでしょうか?
早く改心して欲しいです。

6. Re:早く改心して欲しいです

>3saka 脳腫瘍、顔面麻痺、片耳になったが人生悪くないさん
IMFは伝統的にヨーロッパの勢力が強く、このままではヨーロッパが壊れてしまうということに、危機感を持っているからではないかと思います。スペインのEUからの離脱を何とか阻止したいと考えているのでしょう。新興国相手にしてきた対応とは明らかに違いますよね。ノーベル平和賞の裏にも、こういう意図がバレバレですよね。

7. はじめまして

はじめまして。
とある方からのブログ伝いに楽しく拝見させて頂いております。ただ「楽しく」拝見させて頂いているのは確かなのですっが、日本が置かれている状況には物凄く危機感を感じてます。
私はごくごく普通の感覚、感情を持っているつもりですが、最近では私のような考えはどちらかというと「ネトウヨ」?と言われてしまうのかもしれません(笑)右でも左でもなく、日本人としての真っ当な感覚をもっていつもりなんですが・・・・
話は反れてしまいましたが、日本のマスメディアはアメリカやイギリスのそれとは全く違うように思います。造語の「マスゴミ」そのものです。
そのほとんどが上辺だけの報道で、深層に何があるかが全くわからず、それだけならまだマシですが、新中・新韓といった一体どこの国がわからない報道ぶり・・・ 「安倍総裁、3500円のカツカレー、庶民感覚なし」などというように、ゴシップ三文記事的な内容が某新聞社に堂々と乗ってしまうほどです・・・・
今回のIMF総裁会議もとても重要で大きな会議にも関わらず、その関連のテレビ報道をあまり観た気がしません。浅香さんのご指摘の通り、中国人民銀行総裁と中国財務相の欠席ばかりを取り上げているように思えます。
IMF総会が日本で開催されているのに、どうしてもっとアドバンテージを有効的に使った取材・報道が出来ないのでしょうか?やはり日本のマスメディアは海外のそれに比べると明らかに程度が低いと感じます。情報収集力もそれを精査して発信する力も未熟に思えます。
きちんと伝える力があるアンカーマンが非常にすくなく、しかも未熟なだけならまだしも、おかしな見解を持った人物が多数で、人気キャスターかのように扱われる始末で救いようがない・・・
長々となってしましまして、申し訳ございません。
これからもブログの更新を楽しみにしております!

8. Re:はじめまして

>Lilypadさん
ご丁寧なメール、ありがとうございます。
マスコミ改革もいろいろと必要になるのだろうと思います。
安倍政権ができたときに、慰安婦問題を徹底的に取り上げて、慰安婦問題がねつ造であることを明白にした上で、政府が朝日を裁判に訴えるべきではないかと思います。報道の自由や表現の自由は、事件の解釈については認められても、事実のねつ造はその範囲にならないということを明確にさせる必要があるからです。朝日をターゲットにしながら、他のマスコミも事実のねつ造はやばいということに気付かせるという手法です。荒っぽいのですが、このくらいのことをやらないと、マスコミの状況は変化しないのではないかと、個人的には思っています。過激すぎですかね?

9. さっそくありがとうございます!

浅香さん、早速のお返事ありがとうございます!
朝日新聞告訴、大賛成です。
この新聞社は従軍慰安婦のねつ造だけではなく、文化大革命や北朝鮮在日帰還の際も大大キャンペーンを組んで、煽りまくってましたので、これも含めて大犯罪を犯してます。次回の総選挙に向けて安倍さんの大大ネガティブキャンペーンもそろそろ始まっている模様です。
新聞といえば「朝日」という風潮、一昔前よりはマシになりましたが、未だに「天声人語」に騙されている日本人が少なくないと思います。

10. Re:さっそくありがとうございます!

>Lilypadさん
民主党から北朝鮮系の団体である「市民の党」「市民の会」に2億円を超える献金があったことなんて、当時の管総理が国会で認めているのにほとんど報道されませんでしたし、そのときに名前の挙がった城島氏が今回財務大臣に就任しながらマスコミから指摘はないし、ほんとに酷いですね。鹿野氏は中国のスパイ事件に絡んでいたことまでわかっているのに、その直後の民主党の代表選挙に堂々と出馬しているとか、わけわからんです。どこまでいい加減なことをやってもおとがめなしが続いたので、民主党もマスコミを甘く見ていますよね。安倍たたきなら、どんなくだらないことでも出してくるのに、酷い話です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!