記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題のある、大阪市ヘイトスピーチ規制条例


人気ブログランキングへ

 大阪市でヘイトスピーチを規制する条例案が可決・成立しました。ヘイトスピーチというのは定義がなかなか難しいですが、直接的に関わっていない人間にも相当の不快感を生じさせ、かつ理性的な議論に適さない罵詈雑言の類を公言することのように、個人的には考えます。これに対する規制はあってもよいとは思っていますので、ヘイトスピーチ規制は内容がどんなものであっても絶対反対という立場には私は立っていません。しかし、今回の大阪市の条例についてはかなり問題があるように感じます。

 「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案要綱(案)」を見ますと、「特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的な言動がいわゆるヘイトスピーチであるとして社会的関心を集めており」との文言があり、ヘイトスピーチが事実上「特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的な言動」に限定されています。さらに「要綱(案)」には「大阪市では、在日韓国・朝鮮人の方々をはじめ多くの外国人が居住している中、市内において現実にヘイトスピーチが行われているといった状況に鑑み」との文言が記載されていることから、「特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的な言動」というのが「在日韓国・朝鮮人を排斥する差別的な言動」を特に念頭に置いていることになります。

 そもそもこのヘイトスピーチ問題とは、「在日特権を許さない市民の会」が、在日韓国・朝鮮人が持っている「在日特権」をなくそうと主張していく中で、表現が不必要に過激化していったことが問題視されていることが背景となっているのでしょう。彼らの言動には周りにかなり大きな不快感を与え、理性的な議論に適さない罵詈雑言も数多く含まれるのも事実であり、ここに社会的な規制を設けていきたいとの考えにも理解できる部分はあります。

 しかしながら、これに対して「ヘイト・スピーチを許さない市民の会」というものが現れ、同様に周りにかなり大きな不快感を与え、理性的な議論に適さない罵詈雑言を発するようになりました。それどころか、「ヘイト・スピーチを許さない市民の会」の方が「在日特権を許さない市民の会」よりさらに過激で攻撃的にすら感じます。

 「ヘイト・スピーチを許さない市民の会」の側からすれば、自分たちはヘイトに対するカウンターであるからヘイトではないという主張になるのでしょうが、それはご都合主義だと言われても仕方ないでしょう。仮に何らかの規制をするのであれば、どちらの側のヘイトも公平に規制すべきなのは当然だと考えます。

 大阪市は建前としては、日本人に対するヘイトスピーチもその対象に含まれるとしています。しかしながら、「第31回大阪市人権施策推進審議会会議録」を見ますと、実質的にはそうではないことがわかります。該当部分の会議録を転載すると、以下のようになっています。

○森委員 どうもありがとうございます。先ほどの1つ目の質問に関連してなのですけども、前回この会議で議論しました中身とずれがあるなと思っていまして、前回のこの場所での議論では、日本人に対するヘイトスピーチは含まないという進み方だったように記憶しているのですけども、その点はどうですか。
○川崎会長 私もちょっと、そうは思ったのですけど。
○中井会長代理 以前はやはり、マイノリティに対する社会としての受け入れに問題が生じている社会、大阪というところから問題意識がスタートしているので、マイノリティ、外国人の人たちを排斥するということに対応する一連の動きだったと私も理解をして、そのようにお答えした覚えもあるのですけれども、ただ条例案としてできあがったときに、例えば、向こうから日本人に対してヘイトスピーチが行われたということに対して、それを客観的な形で、できあがってみますと、排斥するような読み方はできないかなと。むしろ、一つ一つの要件に当てはめてみると、多数の日本人に向けられて社会から排除することに当たるのかどうかと思いますね。1個1個見ていくと当たらないよねということになりますが、入り口として、この表にはそれこそ前文を付けていませんので、対象がマイノリティであるということは打ち出していないというのは事実かなと思います。


 ややわかりにくい言葉遣いになっていますが、日本人に対するヘイトスピーチも入口においては受理するが、ヘイトが日本人に向けられても日本人を日本社会から排除するものとはなりえないから、最終的には規制対象の要件を構成しないという理論構成でいこうとしているわけです。

 大晦日にドイツのケルンなどで難民たちによる大規模な集団犯罪が発生したのに、警察もマスコミも当初は全く動きを見せなかったというショッキングな事件がありましたが、この大阪市のヘイトスピーチ規制にもこの事件と類似の思想傾向が含まれていることが感じ取れないでしょうか。弱者保護は大切な考え方ではありますが、絶対的なものではなく、事実を否定するような動きになってはいけないでしょう。この点では、慰安婦をめぐる発言で撤回に追い込まれた桜田議員に対するバッシングにも、同様の問題点を見ることができます。

 そもそも「在日特権を許さない市民の会」の主張の過激化の背景には、彼らが正しいと信じることについて、彼らがいくら声を上げても日本の大手マスコミに取り上げられて建設的な議論の対象として国民が知るには至らなかったという現実との関わりも指摘せざるをえません。仮にマスコミが国民各層の多様な意見を拾い上げることに使命感を持ち、事実に基づいて公正な議論が社会的に展開されるように注力していたならば、今日のような展開とは恐らくかなり違っていたのではないかと思います。

 安易な弱者保護思想にのみのっかかったヘイトスピーチ規制を発動させることが、より理想的な民主社会に近づく道になるのでしょうか。そのようにして一方の側の言論を取り締まろうとする発想そのものが、むしろファシズム的で危険であるように感じられます。より理想的な民主社会に近づくためには、多様な見解を公平に取り上げて、事実に基づく言論を公正に実現していけるマスコミ空間を作り上げていくことの方がよほど大切であると、私は思います。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. ご意見を伺いたいです。

今後の日本を見据えた現実的な意見、
いつも参考にさせてもらってます。
安倍総理の慰安婦に対する行動。
「余命3年時事日記」というものがあります。
私は、「余命3年時事日記」の内容に戸惑ってます。
書籍は、アマゾンで総合一位。
でも、取扱いのない書店も多い。
ブログの内容は、どう考えれば。
ぜひ、これをリサーチしてもらって、
朝香さまの見解を聞きたいと思っています。
ご意見、見解よろしくお願いします。

2. Re:ご意見を伺いたいです。

>・・・さん
「余命3年時事日記」は、ブログも書籍もこれまでほとんど読んでいないものですから、的確なコメントはできそうにはなさそうです。
ブログの方を読んだ印象としては、「余命3年時事日記」の方は慰安婦問題のことを、大問題にする人が多いが、現実には些末な問題だと捉えているようですね。
私は慰安婦問題は中共が仕掛けているディカウントジャパン→日本孤立化政策の重要な柱になっており、これは軽く見るべきではないのではないかとの考えです。
なぜに「余命3年時事日記」が慰安婦問題に大きな位置づけを与えようとしないのかは私にはわかりません。そんなことよりも、反日勢力の資金源を断つことの方が重要問題だと思っているのかもしれませんね。

3. お返事ありがとうございます。

朝霞さま
返事いただけると思ってませんでした。
とてもうれしく思います。
私のこの投稿ですが、実は、
「日韓合意に対する対応について、首相官邸に声を届けよう!」に宛てました。最新の記事の方が、目に留まるかと思い、最新の記事に投稿してしまいました。スミマセン。
余命を知らないとすると、
慰安婦合意とすれば、例えば、
この投稿のURLの、余命三年時事日記 ミラーサイト
399から402を見てください。
慰安婦について、分析がUPされています。
で、この解説に朝霞さまの見解があるとするとすれば、どのようなお考えか、非常に興味がありました。
私は、ここ「岐路に立つ日本を考える」は、ロシア政治経済ジャーナルでの紹介があり、それ以来、毎日ではないですが、週1、2回、ここを見ています。

4. つづきです。(1000文字越え恐縮です。)

毎回、風説にとらわれず、しっかりソースに基づく、客観的で確実な分析に、目からうろこな気持ちと気づきがしばしばです。大変信頼しています。
余命について、3年位前?から見ています。最初はまゆつばでした。ですが、その内容について、特に、この半年で、次々と現実化しているのも、衝撃な事実です。
この状況下、余命の内容は、今後も信頼できるのか、今後どう考えればよいか、信頼がおける第3者から意見が聞きたかった、というのが、気持ちであり、本心です。
こんな風なお話して、朝霞さまが、不愉快な気持ちになったら、申し訳ないです。
でも、気持ちおさえることできませんでした。
商業的、思想的なバックボーンのない、真実の追求と日本と日本人を誘導できる、ここのブログブログであると思ってるからです。
「余命と意見を戦わせる」ということが、希望ではありません。
いいところはいい。変なところは変。様子見のところは様子見。なんてのを期待してます。その上でいろいろ時間をかけ、考えたいです。
私的には、「余命」は、今後の日本の希望と光であり、でも、そんな中、本当に全部信じてもいいのだろうか?って恐怖な気持ちが三割位あります。
以上ざっと、意見を投稿した動機や気持ちを中心に、お返事しました。内容の各論とその先の動向的なところについては、機会があれば、別の機会としたいと思います。
あと、朝霞さまとは、直接関係がないことでもあるので、
私の希望は無視してもかまいません。

5. Re:つづきです。(1000文字越え恐縮です。)

>なのさん
実は私は他の方の書くブログの類いをほとんど読んでおりませんで、「余命三年」の存在自体は前々から知ってはいるものの、こちらについてもろくに読んだことがありません。
もちろん私は自分が正しいと思うことを書いているわけですが、これにしたって自分に見えていることしか書けていないわけで、自分の先入観を完全に排除できているわけでもなく、歪みは必ずあるものだと思っています。そしてそれは誰もがそうではないかと思います。
例えば、私と三橋貴明さんの考え方は似ているところが大いにありますが、かなり大きな違いがあるところもあります。青山繁晴さんの見解も大いに参考になることが多いですが、賛同できないこともままあります。三橋さんや青山さんの方が私より多くの情報を持っていることも関係しているでしょうが、三橋さんや青山さんにしても先入観から自由ではないはずで、それによるところもあるんじゃないかと思います。
小泉構造改革にしても、私は実は全否定派ではありません。
誰が正しいとか、誰が正しくないとかではなく、それぞれを別々の情報として参考にしながら、自分が正しいと思うものを見つけようとしていく他ないんじゃないかなと、思っています。
あんまり参考にならない意見だと思いますが、これが自分の立ち位置です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。