記事一覧

尖閣問題に関して、日本政府は静かに全面的な反撃を行え



 このところの尖閣に対する中国の常軌を逸した挑発行為については、私がわざわざここで述べるまでもありません。中国はこの挑発が戦争につながっても構わないとの姿勢で臨んできていると考えるべきでしょう。

 習近平は中国内部の「腐敗撲滅」を建前とした権力闘争において表面的には次々と勝利を収めているものの、もう一方で対立する江沢民派や団派の強い反発を招いており、政権基盤が盤石だとはとても言えない状況にあります。尖閣で戦端を開いて、「日本こそが敵であり、中国人民は習近平の強力な指導のもとに団結せねばならない」という国内世論の形成に成功すれば、反対派の動きを効率的に封じ込めることができるという計算も働いていると感じられます。安易に挑発に乗ることは習近平を助けることにつながりかねないということは理解しておく必要があります。

 私たちはこれに対して冷静に対処せねばなりません。まず、中国国内にいる日本人の安全を最大限確保する必要があります。日本企業に対して、まずは在中国の駐在員の安全確保をできる限り水面下で働きかけ、帰国を最大限促すべきでしょう。その上で、日本国内に出てきている中国系企業や中国人に対する監視を強化する必要もあります。

 もう一方で、平和ボケした国内世論に対して正確な危機感を持たせるために、海上保安庁が今回の中国漁船の大量襲来の様子を収めた動画を日本国内のテレビ局に提供して、どれほど危険な事態になってきているのかを国民の目に正確にわからせる必要があります。今後は日を置かずに迅速に公開するという方針を示し、この公開方針が常態化するようにすべきであると考えます。

 この方針は一見では対中緊張を極めて高めるように見えるでしょうが、中国公船の領海侵犯のニュースが常態化して日本国内ではもはやニュースとして扱われなくなってしまったように、長期的にはそれほどのものではなくなっていきます。そうでありながら、頻繁に領海侵入の動画に触れることによって、現実の危機が絵空事ではないことを、日本国民の心のなかに確実に蓄積させていくことができます。これが日本政府が進むべき道だと考えます。

 さて、一見すると国際法を無視して我が物顔で進んでいる中国ではありますが、それでも国際的な孤立は本音では恐れているはずです。その点を静かに突いていく方針を日本政府は採用すべきであると考えます。

 尖閣諸島が日本固有領土であって中国に領有権がないことをわかりやすく説明するための対外向けの努力を、これまで日本政府は怠ってきました。確かに外務省のページには日本の領有権の主張が正当であることを示すビデオを用意していますが、これを実際に見るなどして、日本の領有権の主張が正当である理由を理解している外国政府関係者や外国のマスコミ関係者がどれほどいるでしょうか。従ってこうした情報宣伝活動を主として在外公館を拠点としつつ活発化させる必要があります。すなわち、各国政府首脳や各国のマスコミを在外公館に招いて尖閣での中国の実際の動きについて広報することを定期的に行いながら、そのたびに日本の領有権の主張の正当性を耳にタコができるほど繰り返し伝えていくわけです。尖閣諸島において中国が無法な動きを見せた時に、世界中から非難が上がりやすい環境を、こうして整えていく必要があると考えます。

 また、対国内的にも、尖閣諸島に関する番組をNHKを含む日本のテレビ局に作成するように働きかけ、尖閣諸島をめぐる日本の領有権の主張の根拠が国内においても静かに広がっていく環境を用意していきます。日本の領有権の主張に全面的な理があることを、日本国民の大半に確実に理解させていくべきです。

 表立った動きはなるべく控えつつ、中国の行動が道理に外れた異常なものであることを確実に広げていく活動に、日本政府は裏側では静かに実行していくべきであると私は考えます。

スポンサーサイト

コメント

YouTubeを使い情報発信を!

以前色々探しましたらベトナムとフィリピンが、旧新南群島の正当性を主張する動画が何ヵ国語で情報発信していました。日本國も様々な動画サイトで、資料を示し正当性を主張すべきと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!