記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘリパッド建設をめぐるトラブルの背景



 沖縄の米軍北部訓練場のヘリパッド移設問題について、簡単に整理してみます。

 沖縄県北部の広大な森林地域はヤンバルクイナやノグチゲラなどの希少生物で知られ、「やんばるの森」とも呼ばれています。この森林地域には米軍の沖縄北部訓練場となっている地域も含まれています。この自然を保護するために日本政府は「やんばる国立公園」を指定しましたが、同訓練場の区域内は土地利用基本計画の変更などができないこともあり、この指定からは外されています。

やんばる世界遺産

 ただ、2つの条件が満たされるならば、この訓練場の半分以上(7833ha中3987ha)は米軍から返還されることが決まっています。1つは、この返還が実現すると、返還部(土地)に隣接する海域も日本側に返還されることになるので、海に通じる通路となる部分(土地38ha ・水域121ha)を米軍側に新たに提供することです。もう1つは返還区域内にあるヘリパッド(ヘリコプターの着陸帯)を今後も米軍基地として使用される部分に移設すること(下図の黄色の場所にあるヘリパッドを黄緑の地域に移設すること)です。つまり、ヘリパッドの移設と水上交通路の確保ができれば、訓練場の半分以上が返還され、「やんばる国立公園」の領域を広げることができるようにもなるわけです。実際、この森林地域の世界自然遺産登録を目指して、関係する東村、国頭村と日本政府が協力することで一致しました。

高江3

 ところが「自然保護」を旗頭にこのヘリパッドの移設工事に反対する人たちがいます。訓練場の半分以上が戻ってくる方が自然保護にはよりよいと思われますが、にも関わらず彼らはなぜか常軌を逸した抗議行動を行っています。常軌を逸しているというのは、ヘリパッドの移設工事を行う車両の通行ができないように、道路を完全に封鎖するような真似まで行っているからです。生活圏に使える道路がここしかないという地元住民には多大な迷惑となっているのは言うまでもありません。それで、地元で生活されている方々とこうした活動家との間でのトラブルも発生しているわけです。

高江1

 こうした車は当然レッカー移動の対象となりますが、彼らは車の下に潜り込み、無理にレッカー移動しようとすると車の下に潜り込んだ人たちをひいていかなくてはならないようにすることで、レッカー移動を阻止する行動にも出ています。

高江2

 こうした活動家の排除に警察がどれほど苦労しているかについては、以下の動画をご覧下さい。



 なお、活動家たちの傍若無人ぶりについては以下の動画がもっともわかりやすいかと思います。私は幸福の科学とは何の関わりもないのですが、この幸福の科学の動画がもっともわかりやすいと今回判断して、今回取り上げました。



 沖縄県に派遣されていた大阪府警の機動隊員がヘリパッド移設反対運動を行っている活動家に対して「土人」などと発言したことに対して、大阪府の松井知事が「表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様。」とツイートしたことが波紋を呼んでいます。普通に考えれば、松井知事の頭がどうかしているとしか思えないでしょうが、常識の通用しない行動を取っている者たちに警察官たちがギリギリまで我慢しながら対峙しているという現実を見据えた場合に、彼の発言の真意が理解されるのではないでしょうか。

 なお、こうした活動家たちを支えている外国勢力があることも、私たちは知っておくべきでしょう。在日韓国人系の団体の「のりこえねっと」が、交通費として5万円を支払うからこの抗議活動に参加してと呼びかけています(下図参照)。つまり、この運動を支える潤沢な資金が存在し、そうした資金の介在もあって日本全国から過激な活動家が集まって常軌を逸した行動を行っているわけです。なお、反対運動の事務局長が朴さんという方であり、公務執行妨害で逮捕された人の中にも韓国籍の方が含まれていることが確認されています。

ほっとけない高江

 さらに、北部訓練場の返還区域には一部民有地が含まれ、ここには年間で4億円という多額の地代が支払われています。基地返還が進んで地代収入がなくなると困ると考える地主たちが基地反対闘争に絡んでいるという側面があることも、私たちは知っておくべきだとも思います。

 よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いたします。(下の画像をクリック!)

スポンサーサイト

コメント

沖縄の軍用地主の闇

まず管理人様転載許可ありがとうございます、日本では、水利権と入会権という、とても複雑な慣習利権がありますが、どちらも売買できません、温泉権もありますが、それは売買の対象、しかし沖縄県の軍用地主の利権は、売買されなかなか把握できない、闇の利権です、あと沖縄県は県外の基地外の最後のシノギ、おかしな話です。
まあ、差別で喰う連中はどこにでもいます、同和ヤクザと同じようシノギなんでしょう、過激派もかつては、大学の自治会や労組を乗っ取り、シノギにしていましたが、もう排除され最後の主戦場という感じがします、最近は在特もおとなしい、そうなれば、沖縄が最後のシノギ、有象無象の輩が現れ、暴れる不可解なれど、利権の問題と考えれば、なんとなく理解できます、ただそれが沖縄県の為になっているとは思いません、地方交付金や特区も効果がないなら、逆に他の都道府県民は怒るべきです、なんでも基地ガーなんて、首都圏には、神奈川の厚木、座間、横須賀、東京の横田という基地があり、問題を抱えています、なんだか不可解な話です。
また書き込み致します。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。