記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主要マスコミにトランプ勝利の予測も登場!



 米大統領選挙の雲行きが随分変わってきました。FBIがヒラリーのメール問題の捜査再開を決めたことの衝撃も大きかったですが、トランプ勝利の可能性を一部主要メディアが報道し始めたのも驚きです。ご存知の通り、これまで主要メディアはヒラリー有利という報道に終始してきました。特に9月と10月はトランプに対してセクハラ疑惑やら租税回避疑惑やらを次から次へと繰り出すことによって、トランプ支持を公言することさえはばかれるような雰囲気を作り出してきました。それに合わせてヒラリーとトランプの差は逆転できないほど拡大したとの報道が一般化していただけに、この段階で一部とはいえ主要メディアがトランプ勝利の可能性を報道し出したことにはむしろ違和感すら覚えるほどでした。

 IndependentはNew York’s SUNY Stony Brook UniversityのHelmut Norpoth教授によるトランプ勝利の予測を報じています。彼は2000年の選挙でアル・ゴア勝利の予測を外した以外はすべての大統領選挙の結果を的中させてきたといいます。2000年の選挙はフロリダの選挙結果に疑惑があったいわくつきのものであったことを考慮すると、彼の予測はかなり信頼するに足ると言って良さそうです。但し、この予測のベースとなるモデルは予備選挙での強さが大きく反映されるもののようで、その後の政治状況の変化は考慮されていないものだそうです。
Independentのトランプ勝利予測記事

 The HillはAmerican UniversityのAllan J. Lichtman教授によるトランプ勝利の予測を報じています。彼が考える13項目の要素のうち6項目以上が☓となると、現職政党の候補が敗北するということになるそうで、今はそうなっているのだそうです。但し、トランプが過去の候補と違ってあまりに型破りなために、今回は違う結果になるかもしれないとの逃げも打っていますが。
The Hillのトランプ勝利の予測記事

 US NEWS & WORLD REPORTは、FacebookとかTwitterとかのデータをAIに読み込ませた結果として、トランプが2008年のオバマブーム以上の地滑り的勝利を獲得するという驚くべき予測を紹介しています。このAIは過去3回の大統領選挙(本戦)と民主・共和両党の代表者を選ぶ予備選挙の結果を正確に予測してきたのだそうです。ただ、AIと言っている割には高い知能は発揮していないようで、例えばFacebookにトランプの否定的なコメントを誰かが挙げたとしても、トランプの名前がありさえすればトランプ押しだと単純に判定しているようです。そうだとしても、今回の共和党予備選挙でのトランプの勝利はこうしたやり方でないと導くのは難しかったともいえるので、このような予測も馬鹿にできない気はします。
US NEWS & WORLD REPORTのトランプ勝利の予測記事

 このようにどれも幾分腰が引けた感じではありますが、反トランプ一色だった主要メディアの中にトランプ勝利の予測がいろいろと出てきたのは興味深い現象です。

 私見では、実はトランプが勝ちそうだという本当の現実と、FBIによるヒラリーのメール問題の捜査再開との間には、関連性があるように思えます。つまり、トランプが勝利をおさめれば、トランプはヒラリーのメール問題の捜査を徹底して行うことになります。その結果としてFBIの過去の捜査のいい加減さが露呈してその信頼が地に落ちることになるのは、FBIとしてはなんとしても避けたいのではないでしょうか。

 報道的にはヒラリーが圧倒的な優位だとされた最近の流れの中で、急激にヒラリーに対する逆風が吹き始めたのは、マスコミにせよFBIにせよ、リアルな動向調査ではトランプ優位が揺るがないというという現実への適応を迫られてきた結果ではないかと推測しています。

 もしトランプ勝利ということになると、ネットの影響力が主要メディアの影響力を上回る新たな時代が到来したことになりそうです。この時代の変化に追いつかないとメディアも生き残れない時代に突入しつつあることを、今回のトランプ騒動は見せつけているようにも感じます。

 よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いたします。(下の画像をクリック!)

スポンサーサイト

コメント

強硬派ではないトランプ

私の個人的な感覚なのですが、トランプは共和党のジミー・カーター元大統領の匂いが致します。
どのみち内政重視、よその国には金も口も出さないが、かわりに兵力も出さない。
管理人様のブログの通り、岐路に立つ日本だと思います。
ネットが段々、既存のマスゴミを圧倒しているのは確かでしょう、民進党(偽)がなぜ議席を減らしたのか?
やはりネット情報でしょう、私も微力ながら筆誅を加えておりますゆえに何とぞ拡散をお願い申し上げます。

日本共産党員プロバガンダ工作員男組同和ヤクザ非弁屋

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

過激派崩れカルト偽仏教徒しばき隊パワハラ三昧

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

過激派崩れ自称無所属自治労上がり本当は組織候補偽福祉の専門家無能な市議さん

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。