記事一覧

政府は東芝救済に動け



 東芝が原子力事業の躓きでまさかの債務超過に転落しました。一般の報道を見ていても何が問題だったのかわかりにくいのですが、極めて単純化すれば、孫会社として買収したCB&Iストーン&ウェブスターがとんだ食わせ物で、隠れ債務が7000億円もあったということが発覚した次第です。つまり、東芝は完全に騙されてとんだ食わせ物を購入させられたということになります。

 これほど巨額な隠れ債務について情報開示をしないまま売りつけるということが倫理的に許されるのかと思わずにいられませんし、この点について東芝は徹底的に悪あがきをしてもらいたいものです。

 ところが東芝は紳士的な対応を崩さず、ドル箱の半導体事業の売却を進める方針でこの問題に対処しようとしています。場合によっては完全売却も視野に入れているとのことですが、これを行えば東芝の体力が格段に落ちるのは避けられない事態です。

 この東芝を救うために、日本政府はあらゆる手だてを尽くしてもらいたいものです。売買契約の無効を求めて、CB&Iストーン&ウェブスターの売買が商倫理的に認められるのかどうかと問題提起を行うことも必要でしょう。売買契約の無効が勝ち取れなかった場合にも、産業革新機構を相手として7000億円の第三者割当増資を東芝にやらせるといった対策も必要でしょう。

 とにかく東芝を弱体化させないために、ドル箱事業を外資の手に渡さないために、日本政府は全面的なバックアップを表明するべきだと考えます。

 よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いたします。(下の画像をクリック!)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!