FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイ尾崎秀実



 戦前の有名なスパイ事件にゾルゲ事件というものがある。ゾルゲはソビエト・ロシアのスパイのドイツ人だった。ナチス・ドイツの党員でもあり、ドイツの有力新聞である『フランクフルター・ツァイトゥング』の東京特派員でもあった。大変な日本通で、日本の伝統や文化の造詣も深く、日本の様々な問題についても洞察に富んだ評論を日本語でも数多く発表し、当代きっての日本通の外国人として知られていた。駐日ドイツ特命全権大使のオイゲン・オットの信頼を勝ち取り、大使の私的顧問ともなっており、ドイツの最高レベルの立場でしかわかりえない情報にもアクセスしやすい立場にいた。

 このゾルゲと通じてゾルゲ同様にソビエト・ロシアのスパイ活動を行っていたのが尾崎秀実(おざきほつみ)である。尾崎は朝日新聞の有名記者で、中国に5年にわたって滞在したことがあり、著名な中国専門家としてその名を知られていた。尾崎秀実は単なる朝日新聞の一記者であるにとどまらず、首相となった近衛文麿の側近として政治的にも重要なポストを占めていた。「昭和研究会」というのは近衛文麿のブレーンの集まりだが、近衛の政策立案に重要な役割を果たした。既成政党を廃して大政翼賛会を作ろうとか東亜新秩序の確立を目指そうというのは、この昭和研究会の提言によるものだ。いかに政治的に大きな影響力を昭和研究会が持っていたかがわかるだろう。この昭和研究会のメンバーだったのが尾崎秀実なのだ。

 尾崎秀実は逮捕されてからの取り調べの尋問調書で、自分たちの狙いについても答えている。その部分を引用してみよう。(古風な漢字の使い方をしているところを、現代人に読みやすいようにひらがなに置き換えた点、句読点を追加した点を注記しておく。)

 私は欧州情勢や支那をめぐる帝国主義諸国家の角逐等、国際情勢から、一九三五年(昭和十年)頃から第二次世界大戦はまさに近しとの見通しをつけており、その後支那事変の勃発によってこれを断定いたしました。そうして第一次世界大戦がソ連を産んだ如く、第二次世界大戦はその戦争に敗れ或いは疲弊した側から始めて多くの社会主義国家を生み、世界革命を成就するに至るものと思っておりました。
 そうして私はこの関係を経過的に、すなわち
(一)ソ連はあくまで平和政策をもってこの帝国主義諸国の抗争の外に立つべきであり、またそうするのであろう。
(二)日独伊対英米の抗争(帝国主義の変形国家と本来的帝国主義国家との抗争)は深刻な持久戦となるであろうが、その結果は共倒れとなるか、いずれかの勝利に一応は帰するであろうが、後者の場合はその敗れた側に社会革命が起こるであろう。
(三)勝ち残った国家においても充分に疲弊しており、かつソ連の比重の相対的な増大、強大国家の社会主義への転換を余儀なくされる可能性が高いというように観測しておりました。

 この尾崎の考え方はレーニンの敗戦革命論に基づくものであることは言うまでもない。尾崎はソビエト・ロシアが戦禍に巻き込まれて疲弊することをできる限り避けつつ、資本主義国同士を互いに戦わせるように仕向け、ボロボロになったところで革命を引き起こすことで世界全体を社会主義へと向かわせることを狙っていたわけである。

 尾崎がこのようにその狙いをはっきりと語っていることに驚きを持つ方もいるであろうが、当時の時代背景を考えるとそう驚くべきことではないように私には思える。というのは、当時はマルクス・レーニン主義が学術界を席巻していた時代であり、レーニンの敗戦革命論にしても知的レベルの高い人たちの間では普通に共有されている知識であったからだ。尾崎が今さらごまかして隠し通すことなどできない話だったのだ。

 尾崎は昭和研究会を通じて、また近衛との私的な関係の深さから、上記の敗戦革命論に沿った戦略に基づいて、日本の政策を動かそうとしていたわけだ。そして実際に日本の政治に与えた影響は甚大であった。そのことの重みを私たちは無視してはならないと思う。

 よろしければ、ブログランキングへの投票をお願いたします。(下の画像をクリック!)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。