記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家債務は将来世代へのツケではない


社会・経済(全般) ブログランキングへ

 前回に引き続いて、国債を発行してインフラ整備を行うことが、将来世代にツケを回すことになるのかどうかを考えてみましょう。今回は国債の発行(政府の債務)が将来世代へのツケ回しだと単純にいえるのかという点に焦点を当てて考えてみます。

 この問題を考えるのに念頭に置いて欲しいことは、誰かがお金を貸しているという時には、誰かがその分のお金を借りているということであって、貸し借りの金額は同額であるということです。

 さて、仮に私の銀行預金が500万円あるとしましょう。銀行は私に対して、わずかとはいえ金利を払わなければなりませんから、この500万円をただぼーっと持っているわけにはいきません。企業がそれなりの金利を払って借りてくれればよいのですが、このデフレ不況のご時世ですから、なかなか借りてくれる企業もありません。つぶれそうな企業は借りようとしてくれるでしょうが、そんなところに貸したら元本が戻ってくるのも不安ですから、おいそれと貸すわけにもいきません。そこで銀行はこの500万円で国債を購入したとしましょう。

 この場合、国債を発行して借金をしているのは政府で、その国債を購入しているのは建前としては銀行ということになりますが、その銀行の購入原資を預金の形で提供しているのは、私ということになります。私のプラス500万円と政府のマイナス500万円が、ちょうどバランスを取っているということになります。

 さて、私の寿命が尽きてしまい、私の子供がこの預金を相続したとしましょう。子供は自分がもともと稼いで貯めたわけではないこの預金を、親から金融資産として引き継ぎ、ある意味では「リッチ」になります。さて、ここで考えてみてもらいたいのです。国債発行が将来世代へのツケ回しだというのであれば、私は相続を通じて子供に対してツケを回したということになるのでしょうか。

 ちょっと違ったケースも考えてみましょう。政府の債務は問題だという立場から、政府は増税を行い、徹底的な歳出切り詰めを行い、累積債務をなんとゼロにするところまで奮闘したとします。これを実際にやったときにはどういうことが起きるでしょうか。世界大恐慌が真っ青になる大不況が訪れるのは間違いないでしょうが、そこはとりあえず無視しましょう。

 貸し借りの金額が同額であるというところから考えれば、もともと政府の側に1000兆円の借金があったとしたら、国民・企業の側に1000兆円の金融資産があったということになります。そして、政府の側の1000兆円の借金がゼロになったということは、国民・企業の側にあった1000兆円の金融資産もゼロになってしまったということになります。国が借金をしてくれていたときには蓄えることのできた金融資産が、国が借金をなくしてしまったらなくなってしまうわけです。もちろん、どんな状況でも勝ち組はいるでしょうから、そんな極限的な状況でも結構な金額の銀行預金をしている人もいるでしょうが、国民・企業を全体として見た場合には、金融資産はゼロになってしまうはずです。(外国とのやりとりは無視します。)

 さて、そうして国家の累積債務がない状態となり、私の預金もなくなった状態で私の寿命が尽きたとしましょう。私の子供は私から相続して受け取る金融資産はなくなりました。金融資産を相続させた時とは違って、私は子供にツケを回さずに済んだということになるのでしょうか。

 このように考えてみた場合に、「国家の債務→将来世代へのツケ回し→絶対悪→なくさなくてはならないもの」という図式が、実は正しいものではないことがわかります。

 前々回でも述べたように、経常収支が黒字の債権国では、国債の発行額を気にする意味はあまり意味がありません。経常収支の黒字が続き、債権国としての地位に揺らぎがないとすれば、国家財政の赤字が問題となることは、実際上ありえないのです。だとすれば、どうすればそのような強い健全な経済をこの日本で維持していくことができるかに目を向けるべきです。

 たとえ首都直下型の大地震が起こったとしても、物流や生産に壊滅的なダメージがなく、国民の生命と財産の保全が行えるように、インフラの整備をしっかりと行っていくことは、日本の生き残りのために不可欠なことです。「国家の累積債務」というあまり意味のないものに気を取られて、必要なインフラの整備を行わないでいく方がよほど危険であると思われる方は、クリックをお願いいたします。


社会・経済(全般) ブログランキングへ
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝香豊AY

Author:朝香豊AY
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。